自己認識力UPカウンセラー
ふくだ まさる

自己認識力UPカウンセラー ふくだ まさる

ふくだ まさる
山口県山陽小野田市出身 1982年4月24日
こころ・からだセラピー福 代表
「自己認識力UP」カウンセラー

◆ マンツーマン形式でじっくり丁寧に向き合うセッション
◆ 生きづらさの根本原因であるビリーフ(信念)にアプローチ
◆ 脱・自己否定で悩みグセを改善
◆ 正しい努力で自信が育つ「自分軸構築法」
◆「潜在意識カウンセリング」 × 「究極の自己認識」=「自分らしい人生の創造」

好きな本:「媚びない人生」ジョン・キム
好きなアーティスト:L’Arc~en~Ciel、Mr.Children
スポーツ:野球 6年
好きなことば:小さな積み重ねが、とんでもないところへ行くただ一つの道
克服した過去悩んでいたこと:うつ病、繰り返す転職、HSP気質の生きづらさ(人の目や評価が気になる、疲れやすさ、自信のなさ)

無料メール講座

\こうしてあなたの心は満たされる/
自己否定の生きづらさから抜け出す
7ステップ無料メール講座!!
↓ ↓ ↓
無料メール講座の詳細をチェックする

経歴

大学卒業後、プログラマの職に就くも、過労が原因でうつ病と診断されわずか6か月で退職。その後もメンタルが低下するたびに転職を繰り返す。8年間、心療内科、心理カウンセリングなどさまざまな方法を試すも改善には至らなかった。そんなある日、潜在意識にアプローチする心理セラピーとの出会いがきっかけで長年の生きづらさを克服。心の本質をとらえたセラピーに感銘を受け、心理の勉強を始める。

2014年6月に「こころ・からだセラピー福」を設立し、自己否定の生きづらさを感じている人の心のサポートを開始。現在、コーチングの要素も掛け合わせながら、心と上手くつきあいたい、自信を持ちたい、自分らしい人生を輝かせたい気持ちを応援しています。

2020年からオンラインでも相談開始。
自己否定による生きづらさを解消し、心豊かな人生を送るための心の体質改善プログラム『自己認識力UPカウンセリング』を提供中。

カウンセリングの内容

脱・自己否定で自分らしい生き方のサポート
◆ストレスセルフケア法のレクチャー
◆潜在意識カウンセリング
◆年齢遡行セラピー (トラウマ・インナーチャイルド)
◆気質発見 (あなたの強みと興味を知る)
◆自分軸発見 (価値観・本当の願望・大切なもの)
◆自信を高める習慣術のレクチャー
◆心との向き合い方のレクチャー
◆感情解放ボディセラピー ※対面のみ
など、
その人にあった内容で進めています。

「自分」を生きたかった

少し私のことをお話させてください。

現在カウンセラーとして心のサポートをしていますが、22歳の時にうつ病と診断され、約8年間通院していました。

また30歳までの私は

「メンタルが安定しない」
「自信を持てない」
「他人の評価に委縮してしまう」
「心身の不調を繰り返すたびに転職を繰り返す」

そんな日々を過ごしていました。

つらかったのは、
・努力しても幸せ(=結果)に繋がらなかったこと。
・周りから生きづらさに対する理解をされなかったこと
でした。

そんな状況を打破したいと、
・心理の本を片っ端から読み漁ったり、
・友人や上司に相談したり、
・心療内科や心理カウンセリングを受ける
も当時の生きづらさを根本的に解決してくれるものはなく孤独感は深まるばかり。

その時の心境は
『どうやって解決していいのか全く分からない』
『もういい加減ラクになりたい』
『こんな辛いまま人生を終わらせたくない』
と諦めきれない想いでいっぱいでした。

とにかく当時の私は、『自分らしさ』からかけ離れた心満たされない日々を送っていました。

生きづらさの克服から見えた「自己認識力」の大切さ!

転機となったのはたまたま行った心理セラピーでした。

サポートしてもらいながら、とにかく深く内観するとともに、心の知識を身につけていきました。

そこで得たのは「心の状態を認識する力」と「深い自己理解」つまり「自己認識」する力です。

その甲斐あって次第に心のコントロールが出来るようになり、心は穏やかさを取り戻しました。

さらに自分の価値観も明確になったことで自分軸を大切にした働き方、生き方を手に入れることができました。

今では以前のような孤独感や不安感はなく、
「自分が自分の一番の理解者である」
という安心感
を感じながら過ごせています。

このような変化を遂げられたのは、一にも二にも“自己認識力”を高めていけたからです。

自己認識力を上げるだけで、感情・思考だけでなく自分の行動・現実もコントロールしやすくなりました。

『自分を知っているつもり…』が生きづらさを生み出す

『自分を知ることが大切です!』と聞くとあなたは
「自分のことなんだから、ちゃんと自分で分かっているよ」と思われるかもしれません。

以前の私もそう思っていました。

しかし、一人で内観していた時には気づけなかった心の声を専門家を交えたことで、より客観的かつ深く見つめることができたのです。

組織心理学者のターシャ・ユーリックさんは、著書『Insight(インサイト)』でこの様に書かれています。

多くの人は自分は自己認識できていると思っているものの、実際に出来ているのはわずか10~15%の人たちだけである

それだけ自分を知るというのは難しいことなのです。

生きづらさを生み出していたのは、「自分のことを知った気になっていたから」だとも言えます。

私自身、心理セラピーに出会う前からたくさん内観してきました。しかし当時を振り返ると何も分かってなかったし、誤った認識も多かったなと思います。

間違った自己認識では、生きづらさを和らげるための対策も誤ってしまいます。そしてその誤りが、新たな生きづらさを生み出すことさえあるのです。

そんなこんなで、私は貴重な20代の時間を、苦しみ続け、キャリアも思うように積み上がらず、理想とかけ離れた日々を過ごすこととなりました。

クライアントと対話する中で見えた「自己認識」の盲点

クライアントさんは継続的におつきあいしていると”ある気づき”が起きるタイミングがあります。

その気づきとは、『本当のところの自分の気持ち』に対してです。

「やっとこれから自分を生きられます!」

とおっしゃるクライアントさんは同時に、常識や他人の考えにとらわれていたことにも気づかれます。

要は、今までは「本当の自分を生きていなかった」と気づくわけです。

実はその気づきこそが生きづらさ解消のために一番大切で、「生きづらさや悩みとは”自分”を生きれてない時に生じるもの」だと私は考えています。

『自分らしさ』という幻想

多くの人が魅かれる”自分らしさ”という言葉。

魅力的な言葉ですが、なんとも実態が見えないその言葉に私たちは”自分らしくなること”をいつのまにか諦めていたりします。

実はそこに悩みの種が隠れています。

「あなたは何のために生きていますか?」
「あなたにとっての喜びとは何ですか?」

もしここを理解していないとしたら、どうやって幸せをつかみにいくことが出来るでしょうか?

意識しなければ、”自分”を見失ったまま一生を終える人たちが多い世の中。

だからこそ大切なのは、自分を深く理解しながら”自分らしさ”の定義を自らが作っていくことだと考えます。

そのような想いを持ちながら、私は”自己認識”というキーワードを掲げ、日々生きづらさを感じている方の心の生きづらさ緩和や心の自律をサポートしています。

「自己認識力UPカウンセリング」のサイトへの想い!

「自己認識力UPカウンセリング』のサイトを通じて、自己否定など慢性的な生きづらさを感じている方が

生きづらさを和らげるのはもちろんのこと

「自分の人生って楽しい!」
「自分最高!!」

主体的に人生を送ってもらえると嬉しいなと思っています。

輝く自分を感じられるのはやっぱり幸せだし、その輝きで周りも元気にすることができます。

「そんな輝く個があふれる世界を観てみたい!」と私は考えています。

大きなことを言ってしまいましたが、そのためにも日々おつきあいさせていただくクライアントさんとの時間を大切にしながら、自分自身も高め、経験を通して得た気づきをこちらのサイトでシェアしていきたいと思っています。

もし

・悩みや生きづらさの解決方法が思いつかない
・もっと自分を輝かせたい
・人生を豊かなものにしていきたい

と思われた時には、こちらのサイトを思い出していただけると嬉しいです。

「自分らしさを諦めたくない」と誠実に自分の人生を歩もうとされる方の気づきになれるよう今後もサイトの充実を図っていきたいと思います。

カウンセリング体験者の声

上野 さおり 様

自分の人生って、
本当に自分で変えられるのだなと
思えました!
▼ ▼ ▼

\続きはこちら/

K 様

自分で解決する力が身につきました!
▼ ▼ ▼

\続きはこちら/

【受講者の声:ひまわり様】解ったつもりで終わっていた私が行動できました

ひまわり 様

解ったつもりで終わっていた私が
行動できました!

▼ ▼ ▼

\続きはこちら/

【その他のご感想】
◆「自分」を楽しめるようになりました。
◆本当に自分が求めるものを選択できるようになりました。
◆大切にしている価値観を知ることができました。

▶ その他のご感想もこちらからチェックできます