クライアント事例

こちらのページでは自己認識力UPカウンセリングを受けられたクライアント様の事例をご紹介しています。

継続カウンセリングを受けられたクライアント事例

▶仕事の重責に押しつぶされ苦しんでいた看護師のK様

▶自己肯定感の低さから行動できずに悩んでいたひまわり様

▶慣れない環境で自信を失って悩んでいた新社会人のK様

自己肯定感が低く前向きに生きていけなかった20代S様

【詳細事例】上野さおりさんの場合

カウンセリングを受けられた後、Webライターになられた上野さん。
当時のようすを思い出しながら、『心が元気を取り戻すまでの過程』から『カウンセリング終了2年後の様子』まで詳細に書いていただきました。

悩みのリアルや良くなる過程はなかなか知ることができないと思うので、大変参考になると思います。

【継続セッションの体験談①】なぜだか止まらない涙

【継続セッションの体験談②】長年の自己否定の原因は幼少期の記憶

【継続セッションの体験談③】発見したトラウマの克服方法と今後の決意

【継続セッションの体験談④】2年前、思い描いた「理想」を現実に

体験カウンセリングを受けられたクライアント事例

継続カウンセリングを受けられたお客様も含め、皆さんにまずは体験カウンセリングをご紹介しています。

ここでは、体験カウンセリングを受けられた方の事例(感想)をご紹介します。

自分は本当はどうしたいか分からず苦しんでいたOさん(20代女性・派遣社員)

常にイライラしてしまい毎日を楽しめずにいたUさま(20代女性・美容師)

毎日が楽しくなく、いきている意味がわからなかくなっていたUさま(20代女性・派遣社員)

親に言いたいこともなかなか言えず、我慢しないといけないことに悩んでいたUさま(40代・パート)

ある話題になると自分が支援する人に対して、心から応援できなくなっていたコーチのKさま(20代・コーチ)

まずは体験カウンセリングを
どうぞ

カウンセリングを受けられた方たちの事例(感想)をご覧いたことで、少しはカウンセリングをイメージしていただけたでしょうか?

とはいえ、実際体験しないと分からないこともたくさんあります。

もし一度受けてみたいと思われた方は、『体験カウンセリング』をご検討されてください。

ご不明な点はこちらから承ってます。

自分らしい生き方を目指したい人のための『自己認識力UPカウンセリング』

心のクセを変えていけば、生きづらさは解消され、自分らしい生き方を作ることができます。

自己認識力UPカウンセリングでは独自メソッドで普段気づきにくい無意識の心の状態を紐解きながら、『悩み解決』と『自分らしい生き方』のお手伝いをさせていただきます。

プロフィール

セッション風景 - コピー


ふくだ まさる|自己認識力UPカウンセラー 

こころ・からだセラピー福 代表 


20代の頃、過労が原因でうつ病を経験。

投薬治療をするも根本解決に至らず、メンタルが低下するたびに転職を繰り返した。
そんな時、心の本質をとらえたセラピーとの出会いによって、うつ病を克服。

その後、心の学びを深め、2014年「こころ・からだセラピー福」設立。

現在は、以前の私のように生きづらさを抱えている方をサポートしている。


>>プロフィールの詳細

>>インスタグラム

  1. 自己認識力が自分らしい生き方を取り戻すカギとなる!

    2021.08.09

    自己認識力が自分らしい生き方を取り戻すカギとなる!

自己認識力UPカウンセリング